探偵との信頼関係

探偵と信頼関係を築ける人とそうでない人あなたは大丈夫?人を疑ってばかりいませんか?探偵に疑心暗鬼...あなたは大丈夫?

せっかくなら探偵を上手に利用した方が何かと得策です。相談者の過剰な疑心疑うことは簡単。自分の正しいと思っていること以外はシャットアウトしてしまえばいいのです。そして、信じることも簡単。疑うことをしなくていいのは非常に楽です。一番難しいのは「真実」を見極めること。

なんでもかんでも「怪しい」「おかしい」「もしかして...」と疑っていてはあなた自身の信用を落とします。相手が誠心誠意尽くしても取り越し苦労になってしまうからです。そのうち、「こんな人に誠意を尽くしても仕方がない。」と見切りをつけられます。

そして、案外簡単にだまされてしまうのも「疑い深い人」です。相手はその人の数々の質問と疑いを、気に入るように説明していけばいいのですから。自分の価値観だけにこだわる人の方が盲目的。すなわち、危険。

じゃあ、逆になんでも信じてしまう人は?これも危険相互関係が重要しかし、リスクを承知の上であえて信じる人は賢者です。そもそも昔から「信ずる者は救われる」とのことわざもあるくらいです。

できれば誰だって騙されたくはないし、信じたい。しかし、この関係もお互いが信頼しあえば問題がなくなる。夫婦関係でも、仕事でも、私たちと依頼者の関係もお互いの気持ちが大事なのです。

綺麗ごとかもしれませんがね...。

電話で質問ばかりして「考えます...」という方と、「お願いします!」とすぐ探偵依頼を決める方の両方おられます。その違いはなんでしょう?肯定から入ることで本質が見える【前者】はホームページに書いておることばかりを質問し、「本当ですか?」ばかりで私たちに対して疑心まる見え...。もはやご相談ではありません。

結局は疑い(否定)が先にくるから何を言っても否定に終わってしまう。真実なのに真実を疑い、結局は本質を見極められない。だから、なかなか調査目的(結果)も出にくい傾向にある...。

【後者】はホームページにないことだけを質問し、甘えるところは上手に甘え、私たちともコミュニケーションを図り、肯定から入られるから本質を見極められます。だから調査目的(結果)が出やすい。

また、内容を理解したうえでお問合せをして下さるので話しも早いし、アドバイスもたくさんできます。こちらも、お気持ちに応えようと親身になります。結果的には相談者さんのになります。

私たちも信頼してくれる依頼者さんの為なら多少のリスクは覚悟できます。良心的に営んでいる探偵事務所はほとんどが同じ考えだと思います。

自分の今までの価値観に固執し過ぎると、せっかくのチャンスを逃すことになりかねません。真実は意外と近くにあるものです。あなたの心のセンサーを働かせてみましょう。

探偵と依頼者の望みはこちら

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

白鳥順子探偵事務所
一般社団法人日本探偵士会認定 第1032号
岐阜県公安委員会届出 第53120005号
日本探偵士会FC岐阜認定第005号
愛知・名古屋の興信所で浮気証拠なら
これまで勇気がなく相談できなかった!強引な契約の心配など興信所依頼に一歩を踏み出せなかった方にぴったりの名古屋市の女性探偵事務所。どうぞ安心してお任せ下さい。

連絡先 お問合せフォーム